ルボックスは市販されてない? 他の薬品との飲み合わせ

ルボックスの市販薬としての販売はない? 他の市販薬との飲み合わせは?

ルボックスは今、市販薬としては売られていません。買いたければどんな方法をとてばいいのでしょうか?

 

ルボックスの市販は法律で規制されている


ルボックスの市販薬の販売は許可されていません。何故ならば、「ルボックスの市販薬の販売はできない」という形で禁止されているからです。ですから、市販薬として出回ることはないのです。

 

ですから、販売しているのを見かけたとしてもそれは違法な品物もしくは偽物ということです。

 

ルボックスの市販薬としての販売が許可されていないのですから、こういった品物を扱っているようなショップにはいかない方がいいでしょう。ルボックスではない商品だって違法だったり、偽物を扱っている可能性は高いですから、ルボックスを買わなければ大丈夫という訳にはいきません。そんな店に通っている客も果たして安全な人でしょうか? 普通に買い物をしているだけでも事件に巻き込まれるかもしれません。

 

ルボックスを販売できるのは都道府県知事から許可をもらった特別な業者のみです。その上、販売は医療関係者に限定されていますので一般人が出入りできるお店の店頭に並ぶことはありません。

 

ルボックスを手に入れる為には、病院に行って処方箋を出してもらうのが一番の近道でしょう。そうすればトラブルに巻き込まれる心配もありませんし、処方を出してもらう以外にも治療を受ける事ができます。

 

とはいえ、多忙であれば病院に行く時間も惜しいところです。ルボックス入手以外はどうでもいいのであれば、診察費・交通費がかかるのももったいないです。こんな様々なコストをカットして、市販薬を買う感覚でお得にルボックスを購入できます。

 

ルボックスをお得に欲しければ個人輸入代行

個人輸入を利用すれば、手間なく購入可能です。日本国内には市販薬として出回ってなくても簡単に安く手に入ります。普段からネット通販で買い物しているのなら、もう個人輸入代行を使っている人もいるでしょう。

 

病院に行かなくてもルボックスをネット通販のようにお手軽入手できますので、交通費や診察費などコストを全面的にカット可能です。通院の時間もいりませんから、多忙であっても使えます。

 

ですが、いままで個人輸入というものをまったく知らなかった、というのであれば、当然どこの個人輸入代行業者を使えばいいのかも知らないでしょう。なので、個人輸入代行業者をリストアップしました。安い順に並べてあるので活用してみて下さい。

 

※ルボックスジェネリック100mg 1錠あたりの価格

 

  1錠価格 ショップ 詳細
76円(最安値!) オオサカ堂 詳細
100円 TOP 詳細
270円 MAX 詳細

 

ルボックスそのものについても覚えておこう

 

すでに書いてきたように、ルボックスは海外から個人輸入することでかなり安く買えます。しかし、今までルボックスを使ったことがないのであれば、まずはどんな薬か把握しておくことが重要です。

 

>>ルボックスの効果について解説したサイト

 

上記のサイトでは、ルボックスの効果や副作用、妊娠中の服用などについて細かく説明されています。未経験で購入するのは避け、まずはルボックスについてしっかり知っておくようにしましょう。

 

ルボックスは市販薬と併用できる?

ルボックスは病院に行かずとも個人輸入代行であれば買えます。しかし、医師が飲み合わせの相性を考えてくれることもありませんから、他の市販薬との相性は考慮する必要があります。ここからはよく使われる市販薬との飲み合わせをチェックします。

 

NSAIDs(解熱鎮痛剤)との飲み合わせ


NSAIDsは「ロキソニン」や「ボルタレン」などの解熱鎮痛剤の一つです。

 

NSAIDsの副作用の一つとして血液が固まりづらくなるというものがあります。更にルボックスは出血しやすくなるという副作用をもっています。

 

どちらの薬も治療効果が高いですから、単独使用であれば目をつぶられる規模の副作用になっています。ですが、二つが重なるとちょっとした怪我で大量出血の危険性が高くなります。ですから、ルボックスとNSAIDsの併用はなるべくやめた方がいいでしょう。

 

もしも、どうしても鎮痛剤が欲しければ、薬局・ドラッグストアで店員さんに「アセトアミノフェン系の鎮痛剤が欲しいのですが」と言って出してもらいましょう。

 

胃腸薬との飲み合わせ


胃腸薬と一口に言っても色々な種類のものがあります。

 

  • 胃の働きを助ける(健胃消化薬・健胃薬)
  • 胃酸分泌を抑制する(H2ブロッカー)
  • 胃酸そのものを中和する
  • 胃粘膜を保護する
  • 胃の筋肉のけいれんによる痛みを緩和する
  • 消化酵素を含みで消化を助ける
  • 上記さまざまな症状に対応できる総合胃腸薬

 

胃腸薬ならルボックスの副作用の一つ、吐き気などを治療することができるため、相性はいいと言えるでしょう。

 

もしもルボックスを飲んで食欲不振・吐き気の副作用が出たら、

 

食欲不振 … 胃の働きを助ける(健胃消化薬・健胃薬)
吐き気 … さまざまな症状に対応できる総合胃腸薬

 

といった形で、症状に合わせた薬を服用しましょう。

 

ルボックスは胃腸薬との相性がよく、副作用の治療が可能です。

 

風邪薬や花粉症薬との飲み合わせ


風邪薬・花粉症薬の副作用は多くを占めるのは眠気です。そしてルボックスも眠気の副作用があります。眠気の相乗効果が起きてしまいますから相性はあまりよくありません。それぞれの副作用は小さいですが、二つの眠気が重なると大きな眠気になってしまいます。ルボックスと併用するのであれば眠気の少ない薬を使いましょう。

 

風邪薬と花粉症の眠気のもとになるのは「抗ヒスタミン薬」です。これを含んでいないか、もしくは眠気を少なくした第二世代抗ヒスタミン薬の物を服用するといいでしょう。

 

眠くならない風邪薬・花粉症薬
代表例:パブロン50、改源かぜカプセル、アレグラなど

 

始めの二つに抗ヒスタミン薬が入っていません。その代り、くしゃみや鼻水を止める効き目も低いです。とはいえ風邪の初期症状ならば問題ないはずです。

 

アレグラは第二世代抗ヒスタミン薬を含んでいますから効果を変わらず眠気だけが少なくなっています。

 

ルボックスはこんな薬


ルボックスの概要は、日本で始めて認可をされたSSRIという向精神薬ということです。市販薬としては売っていません。この薬はうつ病に効き目を発揮しますが、心を落ち着けて、動揺を防ぐこともできることからパニック障害の治療にも用いられています。
現在ではルボックスに変わる新しいSSRIの薬が開発されているので、処方をされることが少なくなっていますが、基本的には効き目は同じなので副作用などがなければ服用しても問題はありません。

 

うつ病は脳内のセロトニンが減少することで、緊張状態が継続してしまって、意欲的な行動をしたり、積極的に体を動かすことができなくなりますが、ルボックスを服用するとセロトニンが脳に取り込まれるのを減らすことができるので、脳内のセロトニンの量を安定的に保つことができます。

 

セロトニンの量が安定すると、緊張状態がなくなるので、不安や恐れなどを感じにくくなります。そのためうつ病やパニック障害になりにくい体質になることができて、社会復帰を早めることができます。
またルボックスを服用と認知行動療法を行うことで効果はさらに高まるので、ほとんどの精神科のクリニックでは、認知行動療法を行いつつ、薬の服用する量を減らす治療が行われています。

 
http://www.uat-trans.com/ http://www.vacvic.com/ http://creampembesarpenis.com/ http://get-value.net/